コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国一 サンゴクイチ

デジタル大辞泉の解説

さんごく‐いち【三国一】

日本・中国・インドの三国で最もすぐれていること。世界一。「三国一の花嫁」
「―の剛の者と言はれしぞかし」〈義経記・八〉
江戸初期に流行した祝言の小唄の歌詞。「三国一ぢゃ何々になりすまいたしゃんしゃん」と歌い納める。
《三国一の富士山が一夜でできたという伝説から、一夜造りの意で》甘酒の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんごくいち【三国一】

日本・唐土・天竺の中で第一であること。世界中で一番であること。 「 -の剛の者と言はれしぞかし/義経記 8
〔三国一の山、富士山が一夜でできたという伝説から、一夜造りの意で〕 甘酒の異名。
江戸初期、祝言などで、嫁や婿をほめて歌う小唄。また、その歌詞。 「是非祝言させて-を歌うて仕舞ひ申し候ひて/浮世草子・文反古 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三国一の関連キーワード肩書きのない名刺どっこいしょ山村 楽正三国 一朗名数小辞典走らんか!徳川夢声三国無双曲亭馬琴天下一文反古上手吉蔵看板

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三国一の関連情報