コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅秀 みやけ ひいず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅秀 みやけ-ひいず

1848-1938 明治-昭和時代前期の医学者。
嘉永(かえい)元年11月17日生まれ。三宅艮斎(ごんさい)の長男。文久3年(1863)幕府の遣仏使節に随行。帰国後横浜で英語,数学,医学をまなぶ。明治3年から大学東校につとめ,東京大学医学部長をへて19年帝国大学医科大学長。医学教育と医療行政の確立につとめた。日本初の医学博士のひとり貴族院議員。昭和13年3月16日死去。91歳。江戸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅秀

没年:昭和13.3.16(1938)
生年:嘉永1.11.17(1848.12.12)
明治大正期の医学者。江戸(本所緑町)生まれ。三宅艮斎の子。幼名復一。文久3(1863)年遣仏使節に同行。慶応3(1867)年英学教師として金沢,七尾に赴任。英学,仏学に通じる。明治3(1870)年大学東校(東大)で病理学を講ずる。19年帝大医科大教授兼学長,医史学・医の倫理に言及。日本最初の医学博士のひとり。日本学士院会員,錦鶏間祗候,貴族院議員。妻は佐藤尚中の娘,子息鉱一,孫仁 も東大教授。<著作>『病体剖観示要』『治療通論』『健康長寿法』<参考文献>福田雅代『桔梗―三宅秀とその周辺―』

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

三宅秀の関連キーワードマキノ雅広一八四八年の革命久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎ルーマニア文学珪藻土

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三宅秀の関連情報