コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅秀 みやけ ひいず

2件 の用語解説(三宅秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅秀 みやけ-ひいず

1848-1938 明治-昭和時代前期の医学者。
嘉永(かえい)元年11月17日生まれ。三宅艮斎(ごんさい)の長男。文久3年(1863)幕府の遣仏使節に随行。帰国後横浜で英語,数学,医学をまなぶ。明治3年から大学東校につとめ,東京大学医学部長をへて19年帝国大学医科大学長。医学教育と医療行政の確立につとめた。日本初の医学博士のひとり貴族院議員。昭和13年3月16日死去。91歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅秀

没年:昭和13.3.16(1938)
生年:嘉永1.11.17(1848.12.12)
明治大正期の医学者。江戸(本所緑町)生まれ。三宅艮斎の子。幼名復一。文久3(1863)年遣仏使節に同行。慶応3(1867)年英学教師として金沢,七尾に赴任。英学,仏学に通じる。明治3(1870)年大学東校(東大)で病理学を講ずる。19年帝大医科大教授兼学長,医史学・医の倫理に言及。日本最初の医学博士のひとり。日本学士院会員,錦鶏間祗候,貴族院議員。妻は佐藤尚中の娘,子息鉱一,孫仁 も東大教授。<著作>『病体剖観示要』『治療通論』『健康長寿法』<参考文献>福田雅代『桔梗―三宅秀とその周辺―』

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅秀の関連キーワード青山胤通緒方正規北里柴三郎隈川宗雄杉寛一郎瀬川昌耆高橋伝吾田代正千種有梁松下禎二

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三宅秀の関連情報