コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島松韻 みしま しょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三島松韻 みしま-しょういん

1804-1854 江戸時代後期の豪農。
文化元年生まれ。生家は備中(びっちゅう)(岡山県)窪屋郡中島村の庄屋。鷦鷯(ささき)春斎にまなび,詩文をよくした。干拓で巨富をきずき,備中庭瀬藩などに融資。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)では村人を救済するなど義人として知られた。嘉永(かえい)7年3月21日死去。51歳。名は可封。字(あざな)は尭武。通称は次郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三島松韻の関連キーワード文化岩井半四郎本間棗軒市川団十郎安政奈破崙天竺徳兵衛プチャーチンギャンジャセルビア蜂起