コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太鼓音智勇三略 タイコノオトチユウノサンリャク

2件 の用語解説(太鼓音智勇三略の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいこのおとちゆうのさんりゃく【太鼓音智勇三略】

歌舞伎狂言。時代物。4幕。河竹黙阿弥作。明治6年(1873)東京村山座初演。武田・徳川の戦いを背景にした活歴(かつれき)風の作品で、のち新歌舞伎十八番に編入された。通称「酒井の太鼓」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいこのおとちゆうのさんりゃく【太鼓音智勇三略】

歌舞伎狂言。時代物。4幕。別名題《世響太鼓功(よにひびくたいこのいさおし)》。通称《酒井の太鼓》河竹黙阿弥作。1873年3月東京村山座初演。配役は酒井左衛門・鳥井忠広を河原崎権之助(のちの9世市川団十郎),鳴瀬東蔵を5世尾上菊五郎。《三河後風土記》に材をとる。武田勢にかこまれた浜松城の徳川方が敗色濃くなったとき,城を預かる酒井左衛門忠継がわざと大酔,城門を開き,篝火(かがりび)をたき雲霞のごとき武田勢を眼下にして,臆せず城の櫓の太鼓を打ったので,城門まで押しよせた馬場美濃守は城中に深謀あるを信じて引きあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太鼓音智勇三略の関連キーワード名題大名題書替狂言歌舞伎狂言小名題時代狂言実録忠臣蔵島原狂言樟紀流花見幕張続狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone