太鼓音智勇三略(読み)タイコノオトチユウノサンリャク

世界大百科事典 第2版の解説

たいこのおとちゆうのさんりゃく【太鼓音智勇三略】

歌舞伎狂言。時代物。4幕。別名題《世響太鼓功(よにひびくたいこのいさおし)》。通称《酒井の太鼓》。河竹黙阿弥作。1873年3月東京村山座初演。配役は酒井左衛門・鳥井忠広を河原崎権之助(のちの9世市川団十郎),鳴瀬東蔵を5世尾上菊五郎。《三河後風土記》に材をとる。武田勢にかこまれた浜松城の徳川方が敗色濃くなったとき,城を預かる酒井左衛門忠継がわざと大酔城門を開き,篝火(かがりび)をたき雲霞のごとき武田勢を眼下にして,臆せず城の櫓の太鼓を打ったので,城門まで押しよせた馬場美濃守は城中深謀あるを信じて引きあげる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android