三汁七菜(読み)サンジュウシチサイ

デジタル大辞泉の解説

さんじゅう‐しちさい〔サンジフ‐〕【三汁七菜】

本膳料理の膳立ての一。三の膳付きの特に丁重なもの。本膳に一の汁・なます・煮物・飯・香の物、二の膳に二の汁・平皿・猪口(ちょく)、三の膳に三の汁・刺身・茶碗、向こう膳には焼き物をつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうしちさい【三汁七菜】

日本料理の供応の形式の一。また、その献立。本膳・二の膳・三の膳に焼き物膳と台引き物のつく豪華なもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじゅう‐しちさい サンジフ‥【三汁七菜】

〘名〙 (三種の汁と七種の副食物の意) 本膳料理の丁重なもので、本膳に、一の汁、なます、煮物、飯、香の物、二の膳に、二の汁、煮物、ひたし物、または和え物、三の膳に、三の汁、さしみ、炊合せをつける。
※江戸から東京へ(1923)〈矢田挿雲〉八「食卓の上に三汁七菜(さんジフしちサイ)の日本料理を並べて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android