コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本膳料理 ほんぜんりょうり

7件 の用語解説(本膳料理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本膳料理
ほんぜんりょうり

日本の民間料理として最も豪華な供宴料理。室町時代に芽生え,江戸時代に内容,形式とも大きく発達した。現在では冠婚葬祭の儀式料理に名残りをとどめている。最も簡単な形式は一汁三菜で,味噌汁,なます,煮物 (平) ,香の物から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんぜん‐りょうり〔‐レウリ〕【本膳料理】

正式の日本料理膳立てで、冠婚葬祭に用いる儀式料理。本膳と、二の膳三の膳などを加える。献立には一汁三菜・二汁七菜・三汁十一菜などもあるが、二汁五菜が一般的。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本膳料理【ほんぜんりょうり】

伝統的な日本料理。室町時代に武家の供応料理として始まり,江戸時代に発達普及したが,現在ではほとんどすたれた。配膳法や食作法に規定があり,1人分の料理を膳に組んで供する。
→関連項目精進料理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ほんぜんりょうり【本膳料理】

日本の正式な膳立てによる饗応料理。まず式三献という作法による儀礼的な酒宴があり、続いて料理が出るが、これは1人用の膳にのせ、めいめいに供される。時代や料理の流派によって内容は異なるが、配膳や食べ方に細かい作法がある。飯・汁・煮物・なます・香の物がのる本膳(一の膳)を基本に、儀礼の格に応じて二の膳三の膳・与の膳(「死(し)」とも読める四の字を避け、「与」と書く)・五の膳と膳の数が増し、一汁三菜・二汁五菜・三汁七菜などと、汁と菜の数が増える。もっとも丁重な形式は、五の膳または七の膳とされることが多い。武家の礼法が確立した室町時代に始まり、江戸時代に発達、明治時代以降も続いたが、現在では冠婚葬祭などの儀礼的な料理にその名残をとどめる程度となった。◇「本膳」と略すことがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんぜんりょうり【本膳料理】

本膳形式の配膳法によって供される日本料理の正餐(せいさん)。室町時代以後,武家社会の礼法の固定化が進むに伴って整えられた饗膳(きようぜん)形式であるが,年代や料理の流派の差によって内容にはかなりの異同がある。一例を挙げると《宗五大草紙(そうごおおぞうし)》(1528)には,初献(しよこん)に雑煮,二献に饅頭(まんじゆう),三献に吸物といった肴(さかな)で,いわゆる式三献(しきさんこん)の杯事(さかずきごと)を行い,そのあと食事になって,まず〈本膳に御まはり七,くごすはる〉とあり,一の膳には飯と7種のおかず,以下二の膳にはおかず4種に汁2種,三の膳と四の膳(与(よ)の膳)にはおかず3種に汁2種,五・六・七の膳にはそれぞれおかず3種に汁1種を供するとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんぜんりょうり【本膳料理】

正式の日本料理の膳立て。普通、本膳・二の膳・三の膳から成り各人めいめいに出される。一汁三菜・二汁五菜・二汁七菜・三汁一一菜などの種類があり、配膳の順序・食べ方には一定の作法がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本膳料理
ほんぜんりょうり

日本の本格的な供応料理。平安朝の初期に中国風の料理や食器などが日本料理のなかにも導入されて、料理の内容や食べ方の礼式がややできあがったが、細かい体系づくりはできていなかった。室町時代の東山文化のころ、料理内容は複雑になって、食べ方の方式もいちおう確立した。まず海の物、次に山の物、野の物、里の物の順序に食べることになり、供応料理の本膳が登場した。
 本膳料理とはいわゆる式正(しきしょう)料理であり、式三献(しきさんこん)、七五三本膳を中軸として種々の形式のものができた。七五三とは七本立、五本立、三本立の意で、七五三本膳の三とは式三献で膳が三つ、五は五献、七は七献まで出すのである。それぞれの一献二献などという膳には数種の料理が含まれているので、かなりの数の料理になる。本膳料理は江戸の中期にはきわめて複雑な供応料理となり、文化・文政(ぶんかぶんせい)(1804~1830)の江戸文化爛熟(らんじゅく)期に大成し、そのまま明治時代に引き継がれたが、しだいに簡素化され、一部の形態を保って昭和になり、現在は名称だけが残り、たとえ本膳の名称を用いていても昔日のおもかげはない。
 初め本膳には四方、三方、供応膳を用いていた。四方は四方に穴のあいている白木の食膳で、貴人専用に用いられた。三方は三方に穴のある膳で、いまも用いられている。供応膳は四方にまったく穴のあいていない膳である。献立は汁と菜の数によって、一汁三菜、二汁五菜、二汁七菜、三汁十一菜など種々ある。配膳の順序は、まず客の正面に本膳を置く。本膳は右前方にみそ汁、左前方に飯、右向こうに膾(なます)、左向こうは坪といって野菜の煮物などで、中央には香の物を置く。二の膳は客からみて本膳の右側、左側は三の膳、本膳の右向こうに与の膳、その左手に五の膳を置く。与と五の間には本膳の向詰(むこうづめ)といって、魚の姿焼きが置かれる。このように二の膳、三の膳と番号のつく膳部は、多いときは十五膳も出るが、番号付きの膳部には二の膳の吸い物、三の膳の吸い物といって内容の違った吸い物がつく。それがない膳は側膳(わきぜん)といい、番号がつかない。江戸後期の本膳は、三方、供応膳ではなく、塗り物の高足膳にかわり、食器も漆器本位になる。この膳の高さは35センチメートルぐらいであるが、身分の低い者はさらに低い宗和(そうわ)膳などを用いた。
 本膳には真名箸(まなばし)と菜箸(さいばし)を併置し、前者は魚貝鳥類などに、後者は野菜などに用いた。簡素化を求める茶道では、箸の両端を細くして、真名箸と菜箸の二役をさせた。これの考案者が千利休(せんのりきゅう)だということから、いまでも利休箸とよばれている。本膳料理では、まず汁から初めに一口吸い、飯を一口、次は膾を一口、さらに飯というように、料理と料理の間にかならず飯を一口食べる。本膳が終わってから酒宴に移るのだが、本膳の食べ方の作法は複雑で、流派により、時代によって多少の相違がある。これを簡略化したのが袱紗(ふくさ)料理であり、さらに簡単な懐石料理が、いまは日本料理の代表格になっている。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本膳料理の言及

【懐石】より

…懐石(会席)料理ともいう。これは式正(しきしよう)の本膳料理に対応する表現でもある。 懐石の名は,石を焼いて布に包み,これを懐に入れて暖をとったことに由来し,温石で腹を暖める程度に腹中を暖めるということから,軽い食事という意味が生じた。…

【日本料理】より

…日本の風土と社会の中で形成されてきた料理。広義には日本人が食べてきた料理ということができるが,ことさらに日本料理という場合は,洋風,中国風などの料理に対して,〈日本特有の〉とか,〈伝統的な〉といった性格をもつものとしての呼称である。その狭義の日本料理は,世界的にみてかなり特異な性格のものであり,本項目は主としてその性格形成の過程とその特徴について略述する。日本料理の構成要素である個々の食品などについてはそれらの各項目を,また,世界の中での日本料理のありようを確かめるためには,人類の食生活の諸形態の分析解明を試みた〈食事〉〈料理〉〈肉食〉〈宴会〉などの諸項目を参照されたい。…

※「本膳料理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本膳料理の関連キーワード軟式テニス一汁三菜御膳立て五番立て膳立て二汁五菜本膳五五三イラクの正式政府誕生まで申立てによる復権

本膳料理の関連情報