三津永田遺跡(読み)みつながたいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三津永田遺跡
みつながたいせき

佐賀県神埼(かんざき)郡吉野ヶ里(よしのがり)町字三津永田の丘陵に営まれた弥生(やよい)時代の墳墓群。1953年(昭和28)土取り工事で多数の甕棺(かめかん)が出土し、地元研究者、日本考古学協会によって調査された。弥生時代前期から後期にかけての甕棺墓100基以上を確認、中期末から後期初頭にかけての甕棺から獣帯鏡をはじめ4面の漢式鏡と鉄製武器・工具、ガラス玉、貝および鉄製の腕輪、銅鏃(どうぞく)など多数の副葬品が発見され、佐賀平野東部の有力な集団の墓地と考えられている。出土の流雲文縁獣帯鏡と素環頭大刀などは県指定重要文化財。[高島忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三津永田遺跡の言及

【東脊振[村]】より

…千石山はサザンカ自生北限地帯(天)でもある。脊振山地南麓の丘陵地にある三津永田遺跡は弥生後期の甕棺墓群で,前漢の内行花文明光鏡など貴重な遺物が出土した。【松橋 公治】。…

※「三津永田遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android