コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦為春 みうらためはる

4件 の用語解説(三浦為春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦為春
みうらためはる

[生]天正1(1573).小田原
[没]承応1(1652).7.2. 和歌山
江戸時代前期の武人,文学者。通称,勝兵衛,庄兵衛,左兵衛。別号,循庵,定環。和歌山藩初代藩主徳川頼宣の重臣。徳川家康の側室お万の方の兄。編著は,俳書『犬俤 (いぬおもかげ) 』 (1648~52) ,『野かん (やかん) 集』 (50) ,連歌書『汚塵集』,仮名草子『あだ物語』 (40) ,紀行『太笑記』 (10) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦為春 みうら-ためはる

1573-1652 江戸時代前期の武士,仮名草子作者。
天正(てんしょう)元年生まれ。三浦義同(よしあつ)の子孫で,里見家の臣正木頼忠の次男。妹お万の方と徳川家康の間に生まれた頼宣(よりのぶ)の守役をつとめ,和歌山藩家老となった。和歌,連歌などに通じ,仮名草子「あだ物語」のほか,句集「野犴(やかん)集」などがある。慶安5年7月2日死去。80歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は勝兵衛。号は定環(ていかん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦為春

没年:承応1.7.2(1652.8.5)
生年:天正1(1573)
江戸時代の仮名草子作者。曾祖父の代に正木氏に改めたが,再び三浦氏と改める。通称勝兵衛。父頼忠が北条氏の人質であったとき,相模国小田原で生まれた。のちに妹が徳川家康の愛妾お万の方となり,徳川頼宣,徳川頼房を生んだ縁で家康に召し出され,慶長8(1603)年には頼宣の守役を命じられる。元和5(1619)年に頼宣が紀伊藩主となるのに従って和歌山に赴き,筆頭家老となった。和歌,連歌,俳諧,狂歌に造詣が深く,仮名草子『あだ物語』などを著した。烏丸光広松永貞徳などとの交流も知られている。

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みうらためはる【三浦為春】

1573‐1652(天正1‐承応1)
江戸前期の武士,仮名草子作者。通称勝兵衛。雅号は循庵,定環。三浦頼忠の子。1598年(慶長3)徳川家康に仕え,1603年徳川頼宣の輔佐として,紀州家の重臣となり,長門守に補任された。24年(寛永1)致仕したが,26年には従五位下に叙せられた。《寛政重修諸家譜》には〈為春かつて和歌をたしなみ,仏学に長ぜり,ひとゝせ女(娘)のためにあだ物語二巻をつくる〉とある。その《あだ物語》は異類恋愛譚に仮託して,世の無常迅速の仏理を説いた,思想的内容的には中世的といってよい仮名草子であるが,〈平為春作焉〉と雅号などでなく正式の署名がなされており,為春の仮名草子に寄せる高い認識と評価を示すものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三浦為春の関連キーワード尼坂好道半井和年因果物語仮名本茨木春朔恵中辻原元甫苗村常伯山本八左衛門《見ぬ世の友》(仮名草子)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone