コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やかん

3件 の用語解説(やかんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

やかん

古典落語の演目のひとつ。「無学者」「無学者論」とも。大阪では「やかん根問」と題する。代表的な前座噺のひとつ。三代目三遊亭金馬が得意とした。オチはトントンオチ。主な登場人物は、隠居、町人。落語で、知ったかぶりを「やかん」というのはこのはなしを由来とする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やかん

落語。物知りぶる旦那に,八五郎がいろいろ質問し,旦那が怪しげな解答をしたあげく,今度は〈やかん〉の由来を尋ねる。すると旦那は,むかしは水わかしといったが,夜襲を受けた際に兜(かぶと)代りにして戦場へ出ると,敵の矢が飛んで来てカーン,飛んで来てカーンで〈やかん〉になったとごまかす。〈蓋が邪魔ですね〉〈ポッチをくわえて面代りにする〉。〈つるは〉〈顎にかけて忍びの緒の代りだ〉。〈口が邪魔でしょう〉〈敵の名乗りを聞く耳の役をする〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やかん
やかん

湯沸かしの器具の一つ。やかんは「薬缶」と書くように、昔は薬を煎(せん)じるものであった。室町時代の中ごろにはすでにやかんはあったようである。のちに、薬を煎じるために別の鍋(なべ)が使われるようになり、江戸時代ごろからは、やかんは主として湯を沸かすものになった。江戸時代にはやかんは湯缶ともよばれた。
 初めは七厘などのこんろにすっぽりとはめて湯を沸かしたので、底の丸い形が一般的であった。のちに熱源はガスや電気にかわり、熱効率の点から熱の逃げにくい底の平らなものが多くなった。材質には、アルミニウム、アルマイト、ステンレス、ほうろう引き、銅などがある。形はやかんに似ているが土製のものは土瓶、鉄製のものは鉄瓶とよばれている。やかんもデザイン、色などが豊富になり、ケトルの名でよばれているものも多くなっている。[河野友美]
『麻布やかん組合編著『やかんの本』(2005・ロコモーションパブリッシング)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やかんの関連キーワード諸道諸役出来心物知り顔生物知り物知り蝋色大玉いろいろお魚いろいろずきんもいろいろ そうじもいろいろ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やかんの関連情報