コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三災 さんさい

3件 の用語解説(三災の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三災
さんさい

仏教用語。仏教では,世界は成立期(成劫),存続期(住劫),破壊期(壊劫),空漠期(空劫)の 4期(→四劫)が無限に循環するとされ,存続期に人々のうえに現れる 3種の災厄(小の三災)と,破壊期の終末に世界を破壊する 3種の災厄(大の三災)とをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんさい【三災】

水災・火災・兵災のこと。
〘仏〙 住劫じゆうこうの一定期に起こる小三災(刀兵災・疾疫災・飢饉)と、壊劫えこうの末期に起こる大三災(火災・風災・水災)。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone