三筋町(読み)みすじまち

精選版 日本国語大辞典「三筋町」の解説

みすじ‐まち みすぢ‥【三筋町】

[一] 京都市下京区、六条新町通と室町通の間にあった遊郭。寛永一七年(一六四〇島原移転したが、その後も上・中・下の三町からなっていたため島原の異称ともなる。六条三筋町。六条柳町。
仮名草子露殿物語(1624頃)「かくて日もはやくれぬと、いふこゑに、六条三すじまちを、かへらせ給ふに」
[二] 東京都台東区三筋・蔵前四丁目・元浅草三丁目・寿一丁目を占めていた旧町名。江戸時代、付近三味線堀があって、東ノ町・中ノ町・西ノ町の三つの通りがあった。古くは鳥越神社の境内で、ウグイス名所

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三筋町」の解説

みすじ‐まち〔みすぢ‐〕【三筋町】

京都の六条室町にあった遊郭。寛永18年(1641)島原に移転。また、その島原の異称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例