コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三舎法 さんしゃほう San-she-fa; San-shê-fa

2件 の用語解説(三舎法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三舎法
さんしゃほう
San-she-fa; San-shê-fa

中国,北宋の学制。官吏登用法としての科挙が学問のある者を選ぶことができても,必ずしも人格者を採用できない点を考慮し,煕寧1 (1068) 年,王安石が,太学の定員を外舎 600,内舎 200,上舎 100人と増員し,試験をして外舎から内舎へ,内舎から上舎へと順次昇進させ,成績のよい者は科挙によらないでも官吏に任命できるようにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんしゃのほう【三舎法 Sān shè fǎ】

中国,宋代の太学制度。王安石が神宗の宰相として発案して始め,南宋末まで続いた。科挙は短時日に行う試験で,その人物や学問の全般を試すことができないので,太学を建て教育を行いながら試験して,人材を養成するのがその趣旨である。太学生はまず外舎に収容して教育を行い,試験に合格すれば内舎に昇せ,平常試験の上に卒業試験の舎試を受けて共に優秀なれば,科挙の第一甲進士と同じ優待を受ける。其の他は上舎に昇り,直ちに省試(後の会試)または殿試に応ずることを許された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三舎法の関連キーワード王安石の新法新法党呂恵卿黒衣の宰相神宗新法花の宰相中国・宋代の禅の公案集八大家(唐宋八大家)文公(王安石)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone