コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三葉躑躅 ミツバツツジ

デジタル大辞泉の解説

みつば‐つつじ【三葉躑躅】

ツツジ科の落葉低木。関東・中部地方山地自生。葉は菱形に近い卵形で、枝先に3枚ずつつく。4、5月ごろ、葉の出る前に紫色の漏斗状の花を横向きに開く。庭木にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつばつつじ【三葉躑躅】

ツツジ科の落葉低木。本州中部の山中に生え、庭木とされる。葉は広卵形で枝先に三個輪生。四月、葉に先立ち、紅紫色の花を枝先に二、三個ずつ開く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三葉躑躅 (ミツバツツジ)

学名:Rhododendron dilatatum
植物。ツツジ科の落葉低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三葉躑躅の関連キーワードツツジ広卵形

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android