三角柏(読み)ミツノカシワ

デジタル大辞泉の解説

みつの‐かしわ〔‐かしは〕【三角×柏】

《「みつのがしわ」「みづのかしわ」とも》
神に供物をするときや豊明(とよのあかり)の節会(せちえ)のときに、酒や飯を盛り入れる木の葉。葉の先が三つあるいは五つに裂けたものでカクレミノの葉ともいう。みつながしわ。
伊勢神宮で、三節(みおり)の祭や柏流しの神事に用いるカシワの葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつのがしわ【三角柏】

昔、宮中の豊明節会とよのあかりのせちえなどに、酒や飯を盛るのに用いた木の葉。葉の先がとがって三つに分かれている。みつながしわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みつの‐かしわ ‥かしは【三角柏】

〘名〙 (「みつのがしわ」「みづのかしわ」とも)
① 宮内の豊明節会(とよのあかりのせちえ)や神供(じんく)などに、酒や飯を盛るのに用いた葉。先端がとがって三つに分かれた大きな葉だという。また、おおたにわたり・かくれみのの葉ともいう。みつながしわ。
※丹生祝氏文(800)「美津乃加志波、波麻由布飯盛器と寄給き」
② 伊勢神宮で三節祭および柏流しの神事の時、占いに使用した柏の葉。投げて立てば願いがかなうとされた。あるいは、水にのせ、沈めば願いがかなわず、浮けばかなうとした。また、その占い。みつがしわ。
※輔親集(1038頃)「女日をたちかくれつつみつのかしはといふかしはをおこせて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android