三谷昭(読み)みたに あきら

  • 三谷昭 みたに-あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1911-1978 昭和時代の俳人。
明治44年6月5日生まれ。素人社,実業之日本社などで編集者をつとめる。かたわら「走馬灯」「京大俳句」などにくわわり,昭和15年京大俳句事件で検挙される。戦後は「天狼」「面」同人。現代俳句協会初代会長。昭和53年12月24日死去。67歳。東京出身。府立第五中学卒。句集に「獣身」,評論に「現代の秀句」など。
格言など】海峡を焦がしとうもろこしを焼く(「獣身」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三谷昭の関連情報