コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三野王 みののおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三野王 みののおう

?-708 飛鳥(あすか)時代の官吏。
栗隈(くりくま)王の王子。壬申(じんしん)の乱のとき,筑紫大宰(つくしのおおみこともち)の父とともに任地におり,弟の武家(たけいえ)王とともに大友皇子の使者をおいかえす。筑紫大宰率(だざいのそち),摂津大夫(だいぶ),治部卿などを歴任,従四位下にいたる。県犬養橘三千代(あがたのいぬかいのたちばなの-みちよ)とのあいだに橘諸兄(たちばなの-もろえ)らをもうけた。和銅元年5月30日死去。美努王,弥努王,美弩王ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三野王の関連キーワード采女竹羅百小竹の美濃王佐為王古事記栗隈

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android