コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三野王 みののおう

1件 の用語解説(三野王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三野王 みののおう

?-708 飛鳥(あすか)時代の官吏。
栗隈(くりくま)王の王子。壬申(じんしん)の乱のとき,筑紫大宰(つくしのおおみこともち)の父とともに任地におり,弟の武家(たけいえ)王とともに大友皇子の使者をおいかえす。筑紫大宰率(だざいのそち),摂津大夫(だいぶ),治部卿などを歴任,従四位下にいたる。県犬養橘三千代(あがたのいぬかいのたちばなの-みちよ)とのあいだに橘諸兄(たちばなの-もろえ)らをもうけた。和銅元年5月30日死去。美努王,弥努王,美弩王ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三野王の関連キーワード高向麻呂和銅モンサンミッシェル八ツ場ダムの6都県の負担金長崎県対馬市青年会議所集団移転の対象世帯への補助慶雲常楽寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone