上反角(読み)じょうはんかく(英語表記)dihedral angle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上反角
じょうはんかく
dihedral angle

飛行機の主翼を前から見たとき,主翼が取り付け部から翼端に向かって上がっている場合,翼の基準面水平面のなす角をいう。上反角は機体が傾いたとき,もとの姿勢に戻す働きをする。その作用は,機体が傾くと飛行機は傾いた方へ横すべりする。このとき上反角があると,傾いた方の翼の迎え角が増し,反対側の迎え角が減るため,機体の姿勢を元に戻すモーメントが発生することになる。なお,主翼が胴体の上についている高翼機,あるいは後退翼機では,胴体との干渉によって同じ効果が得られるため,上反角をつける必要はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうはん‐かく〔ジヤウハン‐〕【上反角】

飛行機の翼の、翼端にいくに従い水平面から上方に上がっている角度。横揺れ安定性を向上させ、自動的に水平姿勢に戻す作用をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

上反角【じょうはんかく】

飛行機を前方から見て主翼端が付け根より高くなっている場合の翼に付けられた上向きの角度。飛行機が空中で横に傾くと横すべりを起こすが,このとき上反角があると下がった側の翼の気流に対する迎え角が,上がった側のそれより大きくなり,左右の翼の揚力に差が生じ,機体の傾きを回復させる。なお後退翼(後退角)でも上反角と同様の効果を示すので,高速機では上反角がほとんどなく,逆に下反角をつけた機体もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょうはんかく【上反角】

飛行機の翼端が水平面より上がっている構造の場合、翼の中心線が水平面との間になす角。翼が上反角をもつと傾きを自動的に修正する性能が生まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上反角の言及

【飛行機】より

…図11-cのように,もし機が左に傾くと,機は左のほうに横滑りを始め,風が右から当たるようになる。前から見て,翼が翼端に向かってしだいに上がっている場合,主翼基準面と水平面とのなす角を上反角dihedral angleというが,図のように主翼に上反角がついていると,左翼の迎え角,したがってその揚力が右翼より大きくなり,横の傾きを元に戻すモーメントが生ずる。これが横安定である。…

【翼】より

…翼を胴体より上に離してあるものを高翼,胴体上部にあるものを肩翼と呼んだこともある。上下位置による性能上の差はあまりなく,機体構成上どれがつごうよいかで選ばれることが多いが,胴体の空力的影響により,翼の上反角による横安定作用が,高翼では強まり,低翼では弱まる。そこで低翼機は上反角を大きくし6度程度つけるが,高翼機は横安定が強過ぎてもよくないので0度程度が多く,下反角をつけたものもある。…

※「上反角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android