コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上咽頭がん じょういんとうがん Nasopharyngeal Cancer

1件 の用語解説(上咽頭がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょういんとうがん【上咽頭がん Nasopharyngeal Cancer】

[どんな病気か]
 上咽頭は、鼻腔(びくう)のもっとも奥の咽頭へつながる部位で、鼻咽腔(びいんくう)ともいいます。
 上咽頭がんは、発症にEBウイルスの感染が関与すると考えられ、中国南部や東南アジアで多発していますが、日本では比較的まれな病気です。
 この病気は、40歳から50歳代に罹患(りかん)のピークがありますが、10代、20代にもみられます。一般のがんよりも若くして発症するのが特徴です。
[症状]
 鼻づまり、鼻出血(びしゅっけつ)、鼻汁(びじゅう)などの鼻症状がおこります。
 上咽頭には、耳とつながる耳管(じかん)が開口しているため、耳の塞(ふさ)がった感じや、難聴(なんちょう)などの耳の症状がおこり、滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん)がおこる場合もあります。
 頸部(けいぶ)リンパ節(せつ)に転移しやすく、とくに耳介(じかい)に近い上頸部のリンパ節が腫(は)れる場合が多いものです。
 進行すると、外転神経がまひするため、複視(ものが二重に見える)、三叉神経痛(さんさしんけいつう)、嚥下障害(えんげしょうがい)(ものが飲み込みにくい)などの脳神経症状がおこります。
[検査と診断]
 観察がむずかしい部位のため、早期診断が困難で、頸部のリンパ節が腫れてから見つかる場合もあります。鼻腔ファイバースコープ検査を行ない、異常があれば一部の組織をとって検査します。CTやMRIも行なわれます。
[治療]
 手術が困難な部位ですが、放射線治療の効果が高く、5年生存率は約60%、10年生存率は約50%です。近年は、抗がん剤の併用が行なわれ、さらに成績が向上しています。しかし、肺や骨に転移してくることもあるので、治療後も定期的に通院し、検査を続けることが必要です。
 鼻づまりが続き、いつも鼻汁に血液が付着する、耳の塞がった感じがとれないといった場合は、若い人でも、上咽頭がんを疑ってがん専門の耳鼻咽喉科医(じびいんこうかい)のいる医療機関を受診しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

上咽頭がんの関連キーワード咽頭炎咽頭音鼻腔何心地不死身プリマドンナ病は気から咽頭化咽頭歯咽頭 (pharynx)

上咽頭がんの関連情報