上塩冶築山古墳(読み)かみえんやつきやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

かみえんやつきやまこふん【上塩冶築山古墳】


島根県出雲(いずも)市上塩冶町にある古墳。神戸(かんど)川右岸の微高地に位置する。周囲を削られているが、径約40mの大型円墳と推定される。墳丘の南西側に凝灰岩を用いた、優美な切り石造りの横穴式石室が開口する。全長約15mで、玄室内には大小2基の石棺がある。石室と同質の凝灰岩を刳()り抜いた横口式家形石棺である。古墳が発掘されたのは1887年(明治20)で、玄室の棺の外に土器、銀環、鉄槍、銅鈴などがあり、棺の中には金銅製の冠、円頭大刀、方頭大刀、玉類、土器などが添えてあり、蓋石の上には馬具一式が載せてあったという。築造されたのは、6世紀後半~7世紀初頭とみられる。石室の規模、副葬品の豪華さなどは、古代出雲地方を代表するものである。1924年(大正13)に国の史跡に指定された。付近に上塩冶地蔵山古墳や上塩冶横穴群がある。JR山陰本線出雲市駅から一畑バス「三本松」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上塩冶築山古墳の関連情報