上段の間(読み)ジョウダンノマ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうだん【上段】 の 間(ま)

① 武家の屋敷で、下段に続いて、下段の間より床が一段高くなっている部屋。主君が家臣などに対面する場所とした。鎌倉時代に起こり、後には書院造りにも行なわれ賓客の座所とした部屋。上段。
※浄瑠璃・日高川入相花王(1759)一「あの上段の間(マ)に餝(かざり)置くは、実頼此世にまします心」
② 御座船の屋形に設けられた最上級の座敷。近世の川御座船ではほぼ船体中央に位置し、前の床几の間、後の次の間より一段高くつくられる。御召関船では船首寄りに配されるのが通例。上段。
※川御座船仕法書(1757)「一、上段の間、屋形の高さ、土台より軒口迄八尺三寸五歩、横幅柱の内法にて七尺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上段の間の関連情報