コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かまち

建築用語。次のようなものがある。 (1) 床間の周辺を押える化粧材 (床框) 。 (2) 玄関,土間などから段差のある床の周辺を押える化粧材 (上がり框縁框,店框,舞台框など) 。 (3) 建具構造材で縦框,横框があり,さらに上框,中框,下框に細分される。一般には周囲の枠をいう。 (4) 畳の短辺畳縁をつけない部分をいう。 (5) その他,物の周辺部を形成するものをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かまち【框】

戸・窓・障子などの周囲の枠。
床の間や床などの端にわたす化粧横木。上がり框・床框・縁框など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かまち【框】

床板などの切断面を隠すために取り付ける化粧用の横木。玄関などの上がり口に付ける上がり框、床の間に付ける床框(とこがまち)、縁板(えんいた)の先に付ける縁框(ふちがまち)など。
➁扉・障子などの建具の四周に取り付ける枠。◇建具を設置するために、壁などの建物の構造体側に設ける枠は「額縁(ケーシング)」という。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かまち

建築用語。(1)窓、障子、襖(ふすま)などの建具の周囲の枠。上(あが)り框、下(さが)り框、重ね框、掛引き框、出合い框などの種類がある。(2)床(ゆか)に段差があるとき、床の面の端を隠すために用いる化粧横木。上り框、床(とこ)框、縁(えん)框、店(みせ)框、中棚框、舞台框、踊場框などがある。(3)丹後(たんご)(京都府北部)地方産のヒノキ材の規格。指物師(さしものし)の用いる大框、中框、小框のこと。(4)畳の短辺、すなわち畳縁(たたみべり)をつけない部分、畳表を巻き込む部分。(5)石工の道具で、一方がとがった大形の金槌(かなづち)[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

框の関連キーワード太鼓張り・太鼓張フランス落とし俎板木・爼板木キャッチャー湯浅 十框サッシュ上段の間窓サッシ入れ子板入れ子縁帳台構え太鼓張り香の図舞良戸見付け柴唐戸桟唐戸俎板木指物師軸吊り

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

框の関連情報