上毛町(読み)こうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上毛〔町〕
こうげ

福岡県東端,英彦山地の北東斜面に位置する町。東部で山国川を挟むようにして大分県に接する。 2005年新吉富村と大平村が合体して町制。かつて一帯が「上毛郡」と呼ばれていたことが町名の由来。山地を利用した林業と,稲作,コムギ,野菜,果物の生産など農業が中心。奈良時代の役所跡である大ノ瀬官衙遺跡 (だいのせかんがいせき) ,装飾古墳穴ヶ葉山古墳,地下式有階有段登り窯の友枝瓦窯跡はいずれも国の史跡。南から西にかけての山地一帯は耶馬日田英彦山国定公園に属する。国道 10号線が通じる。面積 62.44km2。人口 7458(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上毛町の関連情報