コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新吉富 しんよしとみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新吉富
しんよしとみ

福岡県東端,上毛町北部の旧村域。英彦山地の北東斜面にあり,大分県に接する。 1955年西吉富村と南吉富村が合体して成立。 2005年大平村と合体して上毛町となる。基幹産業は農業で,米,ムギ (麦) ,野菜を産する。佐井川と友枝川の複合扇状地では多数のため池を利用し水田化が進んでいるが,干害が多い。自動車関連企業の進出も盛ん。大ノ瀬官衙遺跡は国の史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新吉富
しんよしとみ

福岡県東端、築上(ちくじょう)郡にあった旧村名(新吉富村(むら))。現在は上毛(こうげ)町の北部を占める。2005年(平成17)太平(たいへい)村と合併して上毛町となった。旧新吉富村域の南西部は耶馬渓(やばけい)溶岩台地北斜面の山地帯であるが、北西部は佐井(さい)川、友枝(ともえだ)川の複合扇状地が展開、東端を山国(やまくに)川が北流し県境をなす。国道10号が通じる。主産業は農業で、米麦生産のほか、野菜園芸、畜産などが行われている。自動車関連企業の進出もみられる。縄文・弥生(やよい)遺跡があり、宇佐(うさ)神宮への勅使街道が通るなど、古くから開けていた。[石黒正紀]
『『新吉富村誌』(1990・新吉富村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新吉富の関連キーワード大平(福岡県の地名)福岡県築上郡上毛町上毛(町)上毛[町]

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android