コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上海クーデター シャンハイクーデター

3件 の用語解説(上海クーデターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上海クーデター
シャンハイクーデター

1927年4月 12日上海で蒋介石が起した反共クーデター四・一二クーデターともいう。国共合作のもとで始った国民革命運動が発展し,26年から蒋介石を国民革命軍総司令として北伐戦争が進められていたなかで,27年蒋介石ら国民党右派分子が浙江財閥や軍閥,官僚,さらにイギリスアメリカフランス,日本などの帝国主義列強と結んで起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

シャンハイクーデター【上海クーデター】

1927年四月、蔣介石が上海で断行した反共クーデター。蔣は北伐軍を率いて、中国共産党主導下の上海で、多数の共産党員・労働者を逮捕・虐殺し、南京政府を樹立した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上海クーデター
しゃんはいくーでたー

1927年4月12日、蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)が上海で引き起こした反革命クーデター。四・一二反革命政変とも、四・一二事件、四・一二クーデターともいう。北伐戦争の勝利に影響されて労働者、農民の運動が空前の高まりをみせたため、外国の帝国主義と国内の反動派は恐慌をきたした。彼らは革命派の統一戦線内部に急いで新しい代理人を物色し、反革命の陰謀活動を断行する必要に迫られた。新しい代理人として白羽の矢がたてられたのが国民党右派の蒋介石であった。彼を頭(かしら)とする国民党の反動集団は、絶えず反共の暴力活動を活発化した。上海の労働者が3回目の武装蜂起(ほうき)に勝利すると、蒋は上海に行き、ひそかにクーデターを画策した。たまたま共産党内でも総書記陳独秀(ちんどくしゅう/チェントゥーシウ)らが日和見(ひよりみ)主義政策をとり、起こりうべき事態になんら備えず、党と人民を無警戒の状態に置いていた。
 4月12日、蒋は上海の秘密結社の頭目黄金栄(こうきんえい)、杜月笙(とげつしょう)らに命じ、労働者糾察隊本部を襲撃させた。また国民党第二六軍は糾察隊を武装解除し、糾察隊員数十人を殺害した。13日、上海の労働者はこれに対しゼネストで抗議し、10余万人がデモに移った。蒋はこのデモ隊にも発砲し、閘北(こうほく/チャーペイ)宝山路で100余人を殺した。こうして12日からわずか3日間で3000余人が殺され、5000人が行方不明となった。蒋が南京(ナンキン)に国民政府をつくったのは、四・一二クーデターからわずか6日たった4月18日であった。[山下龍三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上海クーデターの関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone