コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野精一 うえの せいいち

美術人名辞典の解説

上野精一

朝日新聞社社主。大阪生。上野理一の長男。東京帝大卒。村山龍平社長のもとに専務取締役に進み、取締役会長を経て社長に就任。廃止されていた主筆制を復活させ、権威ある言論機関として大きな影響を社会に与えた。「新聞研究所」を設けて『言論の自由』を翻訳出版し、また英国の新聞史や現代の新聞経営、アメリカの新聞界の諸問題等の研究を行なった。昭和45年(1970)歿、88才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野精一 うえの-せいいち

1882-1970 大正-昭和時代の新聞経営者。
明治15年10月28日生まれ。上野理一の長男。日本勧業銀行勤務をへて,明治43年東京朝日新聞社に入社。初代営業部長,専務などをへて,昭和8年社長。20年社主に就任。22年公職追放,26年社主に復帰。京大に寄贈した新聞史研究資料は「上野文庫」とよばれる。昭和45年4月19日死去。87歳。大阪出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上野精一
うえのせいいち

[生]1882.10.28. 大阪
[没]1970.4.19. 大阪
『朝日新聞』の経営者。父理一の後継者として 1910年朝日新聞社に入社し,もっぱら経営面を担当した。かたわら新聞の学問的研究に志し,J.ミルトンの『アレオパジティカ』を翻訳したほか,長年にわたって収集した文献や資料を京都大学に寄贈,上野文庫として保存されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

上野精一の関連キーワード検閲(公権力)昭和時代大正

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上野精一の関連情報