コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野理一 うえの りいち

6件 の用語解説(上野理一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

上野理一

新聞経営者・茶人。丹波篠山生。号は有竹。兵庫県川辺郡書記などを経て、朝日新聞社に入り、翌年から共同出資者として経営に参加。東京朝日新聞社と合併した明治41年から大正8年まで、村山竜平と一年交代で社長をつとめた。また私財を投じ、美術雑誌「国華」を発刊、日本美術の啓蒙に尽くす。大正8年(1919)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野理一 うえの-りいち

1848-1919 明治-大正時代の新聞経営者。
嘉永(かえい)元年10月3日生まれ。兵庫県川辺郡書記などをへて,明治13年朝日新聞社にはいる。翌年から共同出資者として経営に参加。東京朝日新聞と合併した41年から大正8年まで,村山竜平(りょうへい)と1年交代で社長をつとめた。茶人としても知られた。大正8年12月31日死去。72歳。丹波篠山(ささやま)(兵庫県)出身。号は有竹。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上野理一

没年:大正8.12.31(1919)
生年:嘉永1.10.3(1848.10.29)
明治大正時代の新聞経営者。号は有竹。丹波(兵庫県)篠山西町に,丹波青山藩御用達の両替商・上野保兵衛と兼子の長男として生まれる。明治2(1869)年の農民暴動で生家が没落,父が急逝したのち,5年ごろに神戸に出て茶の貿易に従事し,8年大阪鎮台司令官三好重臣の執事となる。13年,兵庫県川辺郡上席書記となるが,同年,細見貞の紹介で朝日新聞社に入社した。翌14年,共同出資者として経営に参画,以来村山竜平と共に東京・大阪両朝日新聞を発展させた。41年,東京・大阪の両朝日新聞社を合併し,朝日新聞合資会社とし,これ以降は村山と1年交代で社長となった。大正7(1918)年のいわゆる白虹事件では,病気静養中であったが,村山に代わって社長となり,原敬首相と会談するなどして事態の収拾に当たった。8年,朝日新聞社の株式会社化を機に役員から退いた。<参考文献>朝日新聞社史編修室『上野理一伝』,朝日新聞百年史編修委員会『朝日新聞社史』明治編,大正・昭和戦前編

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うえのりいち【上野理一】

1848‐1919(嘉永1‐大正8)
明治・大正期の新聞経営者。号は有竹。丹波国篠山に生まれる。1870年(明治3)大阪に出て,兵庫県川辺郡書記などを経て80年《朝日新聞》に入社。翌81年より村山竜平と共同出資して経営に参加,当時不振に陥っていた《大阪朝日新聞》を立て直し,同紙と《東京朝日新聞》の発展を経営面で指導した。1908年社長に就任,以後村山と1年交代で社長を務めたが,18年におきた〈白虹事件(はつこうじけん)〉の際には,村山に代わって社長となり事件の収拾にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上野理一
うえのりいち

[生]嘉永1(1848).10.3. 丹波,篠山
[没]1919.12.31. 大阪
朝日新聞社の初期の経営者。 1880年『朝日新聞』 (前年創刊) に入社。 81年からは出資金総額の3分の1を負担。残りを負担した村山龍平の片腕として,『朝日新聞』の発展に多大の功績があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上野理一
うえのりいち
(1848―1920)

新聞経営者。丹波篠山(たんばささやま)(兵庫県)の両替商の子に生まれる。兵庫県川辺(かわべ)郡書記などを経て、1881年(明治14)大阪朝日新聞社の経営に参画。以後、村山龍平(りょうへい)と共同経営にあたる。1908年(明治41)合資会社に改組してからは、村山と交代で社長と監査役を務めた。村山とは、経営政策上対立したこともあったが、基本的には長短補い合い、朝日新聞社を全国的な大新聞社に発展させた。[有山輝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上野理一の言及

【朝日新聞】より

…1879年1月25日,木村平八・騰親子の出資と発意により村山竜平を〈持主〉として大阪で創刊。経営権は81年に村山と上野理一の手に移った。当初は小説と通俗記事を主体とした小新聞(こしんぶん)だったが,しだいに報道主義的新聞の性格を強め,議会開設期から日清戦争前後にかけて報道の正確,迅速さで部数を伸ばした。…

※「上野理一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上野理一の関連キーワード赤羽万次郎上田重良小出東嶂式正次野口英夫萩谷籌夫広瀬永太郎松下軍治吉本次郎兵衛渡辺治

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上野理一の関連情報