コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文武二道万石通 ぶんぶにどうまんごくどおし

5件 の用語解説(文武二道万石通の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文武二道万石通
ぶんぶにどうまんごくどおし

黄表紙朋誠堂喜三二 (手柄岡持 ) 作。喜多川行麿画。3冊。天明8 (1788) 年刊。文武どちらにもすぐれないのらくら武士たちが,頼朝の命を受けた畠山重忠によって箱根に湯治に行かせられ,そこで文武いずれかに入れられようとする話。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんぶにどうまんごくどおし〔ブンブニダウマンゴクどほし〕【文武二道万石通】

黄表紙。3冊。朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)作。喜多川行麿画。天明8年(1788)刊。源頼朝畠山重忠に命じて諸大名を文武二道に分けるという話で、寛政の改革の文武奨励策など実相をとらえ、風刺したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんぶにどうまんごくどおし【文武二道万石通】

黄表紙。朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)作。喜多川行麿(ゆきまろ)画。1788年(天明8)刊。3巻。源頼朝が畠山重忠に命じて,鎌倉の大名小名を富士の人穴に入らせて,文武道の士のほかにぬらくら武士を識別し,それを箱根七湯でさらして,文武いずれかの士たらしめようとし,惰弱をこらしめ戒めるという構想をとる。天明7年より始まった老中松平定信による寛政改革の文武奨励に取材したもので,田沼意次(おきつぐ)一派の失脚をとり入れるとともに,改革に際会しての武士たちの狼狽ぶりなどをも風刺する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんぶにどうまんごくどおし【文武二道万石通】

黄表紙。三冊。朋誠堂喜三二作、喜多川行麿画。1788年刊。源頼朝が畠山重忠に諸大名を文武の二つに分けさせたという形式で、寛政の改革前後の事件を滑稽化して描いたもの。幕府の忌諱ききにふれて絶版となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文武二道万石通
ぶんぶにどうまんごくとおし

黄表紙。朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)作、歌麿(うたまろ)門人行麿(ゆきまろ)画。1788年(天明8)刊。3巻15丁袋入り本。源頼朝(よりとも)が諸大名を富士の人穴で文武2通りにふるい分け、ぬらくら大名に文武二道の精進を諭す。老中松平定信(さだのぶ)が寛政(かんせい)の改革の前触れとして発した「万石以上以下末々まで……文武忠孝は前々より法令なれば別(べっし)て心入れ」の大名行状調査をうがつ。風刺のパロディーがあたり、「古今未曽有(みぞう)の大流行」(馬琴(ばきん)『江戸作者部類』)のベストセラーになるが、ほどなく弾圧を受け、作者は黄表紙の筆を絶った。[井上隆明]
『中山右尚他編『江戸の戯作絵本三』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone