下意識(読み)かいしき(英語表記)subconsciousness

翻訳|subconsciousness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下意識
かいしき
subconsciousness

S.フロイトは人間の心的状態を意識前意識無意識に分けるが,このうち普段は明瞭に意識されないが特別に注意を払うと意識化されることのある領域が前意識である。厳密な精神分析学の立場から離れてこれと似たような現象を日常生活では意識もしくは潜在意識と呼んでいる。ただしフロイトの無意識でさえも精神分析医の助けを借りると意識化されるのでその境界はかなり曖昧である。したがって下意識もしくは潜在意識という言葉までフロイトのいう無意識をさすこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐いしき【下意識】

意識されていないが、思い出す努力によって意識化できる精神の領域。前意識。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐いしき【下意識】

〘名〙 明瞭な意識に対して、意識されていないが、思い出すことができるもの。潜在意識。
※冥府(1954)〈福永武彦〉「これはフロイドに拠れば前意識であり、ヤスパースに拠れば下意識である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下意識の関連情報