下意識(読み)かいしき(英語表記)subconsciousness

翻訳|subconsciousness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下意識
かいしき
subconsciousness

S.フロイトは人間の心的状態を意識前意識無意識に分けるが,このうち普段は明瞭に意識されないが特別に注意を払うと意識化されることのある領域が前意識である。厳密な精神分析学の立場から離れてこれと似たような現象を日常生活では意識もしくは潜在意識と呼んでいる。ただしフロイトの無意識でさえも精神分析医の助けを借りると意識化されるのでその境界はかなり曖昧である。したがって下意識もしくは潜在意識という言葉までフロイトのいう無意識をさすこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐いしき【下意識】

意識されていないが、思い出す努力によって意識化できる精神の領域。前意識。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下意識の関連情報