コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不解散罪 フカイサンザイ

百科事典マイペディアの解説

不解散罪【ふかいさんざい】

騒乱罪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふかいさんざい【不解散罪】

暴行・脅迫をなすため集合した多数の者が、権限のある公務員から解散命令を三回以上受けても、なお解散しない罪。解散不応罪。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不解散罪
ふかいさんざい

暴行または脅迫をするため多衆が集合した場合において、権限のある公務員から解散の命令を3回以上受けたにもかかわらず、なお解散しない罪で、首謀者は3年以下の懲役または禁錮、その他の者は10万円以下の罰金に処せられる(刑法107条)。広義の騒乱罪に含まれる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

不解散罪の関連キーワード不作為犯解散命令暴行多数

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android