不解散罪(読み)フカイサンザイ

大辞林 第三版の解説

ふかいさんざい【不解散罪】

暴行・脅迫をなすため集合した多数の者が、権限のある公務員から解散命令を三回以上受けても、なお解散しない罪。解散不応罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不解散罪
ふかいさんざい

暴行または脅迫をするため多衆が集合した場合において、権限のある公務員から解散の命令を3回以上受けたにもかかわらず、なお解散しない罪で、首謀者は3年以下の懲役または禁錮、その他の者は10万円以下の罰金に処せられる(刑法107条)。広義の騒乱罪に含まれる。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android