不解散罪(読み)フカイサンザイ

大辞林 第三版の解説

ふかいさんざい【不解散罪】

暴行・脅迫をなすため集合した多数の者が、権限のある公務員から解散命令を三回以上受けても、なお解散しない罪。解散不応罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不解散罪
ふかいさんざい

暴行または脅迫をするため多衆が集合した場合において、権限のある公務員から解散の命令を3回以上受けたにもかかわらず、なお解散しない罪で、首謀者は3年以下の懲役または禁錮、その他の者は10万円以下の罰金に処せられる(刑法107条)。広義の騒乱罪に含まれる。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android