凶/兇(読み)キョウ

デジタル大辞泉の解説

きょう【凶/×兇】

縁起や運が悪いこと。不吉。「―と出るか吉(きち)と出るか」⇔
悪。悪人。
「寇(あた)を斬り、―を滅す」〈続紀神護景雲

きょう【凶】[漢字項目]

常用漢字] [音]キョウ(漢)
作物が実らない。「凶作凶年豊凶
運が悪い。不吉。「凶事凶兆凶報凶夢吉凶大凶
(「」と通用)人の殺傷など、ひどい悪事をすること。また、悪者。「凶悪凶器凶行凶状凶刃凶弾凶暴元凶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょ【凶】

〘名〙 (「きょう(凶)」の変化した語) よくないこと。不吉(ふきつ)
※歌舞伎・吉様参由縁音信(小堀政談)(1869)三幕「御鬮(おみくじ)を取って見たところ、二十五番の凶(キョ)が出たゆゑ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android