与圧胴体(読み)よあつどうたい

世界大百科事典 第2版「与圧胴体」の解説

よあつどうたい【与圧胴体】

大気高空へいくほど気圧が低くなるので,航空機に乗って飛ぶ場合,そのままでは高度3000m以上になると酸素の不足で人間の能力が低下する。また人間は急な気圧の変化にも弱い。そこで現在の航空機は,軽飛行機のうちの簡単なものやヘリコプターを除くほとんどが,高空を飛行中は,室内の気圧を外の大気圧より上げて低高度の気圧に保つようにしている。これを与圧といい,与圧する部分を与圧室pressurized cabinと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android