コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界国尽 セカイクニヅクシ

デジタル大辞泉の解説

せかいくにづくし【世界国尽】

福沢諭吉の外国地誌書。6巻。明治2年(1869)刊。世界各国の地理・歴史を、七五調の唱歌体で記述したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界国尽
せかいくにづくし

世界各国の地理歴史をわかりやすく説いた福沢諭吉の名著。1869年(明治2)刊。五大州の地理を、江戸時代の旅案内をまねした口誦(こうしょう)しやすい七五調で説く本文と、各国の国情を説明する解説文と挿絵から成り立ち、鎖国を解かれたばかりの日本国民に世界の形勢を理解させようとする福沢の情熱の産物。児童にも理解できるよう配慮したもので、明治前期の小学校の教科書としても使われたベストセラー。[広田昌希]
『『世界国尽』(『福沢諭吉選集 第2巻』所収・1981・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界国尽の関連キーワード地理教育新体詩韻文

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界国尽の関連情報