コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界国尽 セカイクニヅクシ

2件 の用語解説(世界国尽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せかいくにづくし【世界国尽】

福沢諭吉の外国地誌書。6巻。明治2年(1869)刊。世界各国の地理・歴史を、七五調の唱歌体で記述したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界国尽
せかいくにづくし

世界各国の地理歴史をわかりやすく説いた福沢諭吉の名著。1869年(明治2)刊。五大州の地理を、江戸時代の旅案内をまねした口誦(こうしょう)しやすい七五調で説く本文と、各国の国情を説明する解説文と挿絵から成り立ち、鎖国を解かれたばかりの日本国民に世界の形勢を理解させようとする福沢の情熱の産物。児童にも理解できるよう配慮したもので、明治前期の小学校の教科書としても使われたベストセラー。[広田昌希]
『『世界国尽』(『福沢諭吉選集 第2巻』所収・1981・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界国尽の関連情報