両分(読み)りょうぶん

精選版 日本国語大辞典「両分」の解説

りょう‐ぶん リャウ‥【両分】

〘名〙
① (━する) 二つに分けること。二分すること。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「両分すべき木箱を製し、両面に木綿布を囲ひ」
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「解いた帯を、敷布団真中に置いて〈樺太を両分したやうにして、二人は寝る」
② いくつかに分けたうちの二つ。
※正法眼蔵(1231‐53)心不可得「さきの両度に所在を知らるといへども、第三度にしらざらんは、三分に両分のあらん」
春分秋分との称。

りょう‐わけ リャウ‥【両分】

〘名〙 両方に分けること。二つに分けること。
※浮世草子・男色大鑑(1687)三「帰りて其夜も夢に両分(リャウワケ)の前髪見通し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両分」の解説

りょう‐ぶん〔リヤウ‐〕【両分】

[名](スル)二つに分けること。二分。「もうけを両分する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android