コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中一弥 なか かずや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中一弥 なか-かずや

1911- 昭和-平成時代の挿絵画家。
明治44年1月29日生まれ。逢坂剛の父。小田富弥師事。昭和4年デビュー,上京して新聞や雑誌にかく。海音寺潮五郎武将列伝」,村上元三「天の火柱」,池波正太郎雲霧仁左衛門」「剣客商売」などの挿絵で知られる。平成5年菊池寛賞。26年吉川英治文化賞。大阪府出身。本名は福寿

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

なか‐かずや【中一弥】

[1911~2015]挿絵画家。大阪の生まれ。本名、福寿(ふくじゅ)。作家逢坂剛の父。小田富弥に師事。昭和4年(1929)直木三十五の小説「本朝野士(やし)縁起」の挿絵でデビュー。以後、歴史・時代小説の挿絵を数多く手がけた。平成5年(1993)菊池寛賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

中一弥の関連キーワード牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥(しんがい)革命

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中一弥の関連情報