直木三十五(読み)なおきさんじゅうご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直木三十五
なおきさんじゅうご

[生]1891.2.12. 大阪
[没]1934.2.24. 東京
小説家。本名,植村宗一。早稲田大学英文科中退。 1923年『文藝春秋』の創刊に参加して文壇ゴシップ欄を担当。毒舌で話題を呼び,『由比根元大殺記』 (1929) ,『南国太平記』 (30~31) の成功で流行作家となった。筆名は本名の一字「植」を2分して直木,年齢に応じて三十一,三十二,三十三と変更,以後三十五を名のる。 32年には「ファシズム宣言」をし,国策的傾向の強い『日本の戦慄』で文壇に波紋を投じた。没後,菊池寛の発意により大衆文学を対象とする文学賞「直木賞」が設定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

直木三十五

旧制中学卒業まで現在の大阪市中央区谷町6丁目付近で育った。ペンネームを年齢にあわせて更新し、35歳で固定した。代表作南国太平記」などの小説や随筆、翻訳のほかゴシップ記事の執筆もし、原稿を1日60枚書いたとされる。一方、文芸映画製作に失敗するなどして常に借金に追われた。借金を肩代わりした友人の作家菊池寛が「大衆文学の歴史を変える貢献」をたたえたいと発案し、死の翌年の1935(昭和10)年、直木賞が設立された。

(2009-07-15 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

直木三十五【なおきさんじゅうご】

小説家。本名植村宗一。大阪市生れ。早大中退。1929年,《週刊朝日》に《由比根元大殺記》を連載し,作家として認められた。1930年から《大阪新聞》《東京日日新聞》に《南国太平記》を連載し,これによって一躍流行作家となった。大仏次郎とともに時代小説の領域を広げ,リアリティの質を高めると同時に,大衆文学への過小評価を改めさせようとした理論的な闘士でもあった。筆名は31歳のとき直木三十一とし,以後年ごとに三十二,三十三と改め,三十四はとばして三十五で定着。全集がある。没後直木賞が設定された。
→関連項目大衆文学矢野橋村

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直木三十五 なおき-さんじゅうご

1891-1934 大正-昭和時代前期の小説家。
明治24年2月12日生まれ。大正10年31歳のとき直木三十一の筆名で文筆生活にはいる。以後毎年筆名に1をくわえ,三十五で定着。昭和5年「南国太平記」で流行作家となる。昭和9年2月24日44歳で死去。翌年直木賞がもうけられた。大阪出身。早大中退。本名は植村宗一。
【格言など】芸術は短く 貧乏は長し(文学碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なおきさんじゅうご【直木三十五】

1891‐1934(明治24‐昭和9)
大衆文学の先駆的作家。本名植村宗一。大阪生れ。市岡中学卒業後しばらく代用教員を勤めたが,まもなく上京して早大英文科予科に入学した。しかし学費が続かず除籍となる。1918年トルストイ全集刊行会を興し,雑誌主潮》を創刊,さらに冬夏社を創設するが,いずれも失敗,関東大震災を機に大阪へもどり雑誌《苦楽》の編集に従い,連合映画芸術家協会を設立したが長く続かず再度上京,文筆に専念する。31歳のおり三十一の筆名を用いて以後三十二,三十三と改め,三十五で定着した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なおきさんじゅうご【直木三十五】

1891~1934) 小説家。大阪生まれ。本名、植村宗一。早大中退。三一歳の時の筆名は三十一。昭和初期「由比根元大殺記」で大衆文壇に登場、「南国太平記」「関ヶ原」などの作で知識階級を大衆文学に引き寄せた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直木三十五
なおきさんじゅうご
(1891―1934)

小説家。明治24年2月12日、大阪市生まれ。本名植村宗一。市岡中学卒業後、代用教員を務めたが上京、1911年(明治44)早稲田(わせだ)大学英文科予科に入学。学費滞納により除籍されたのち、春秋社、冬夏社などの出版社を設立するが失敗、関東大震災を期に大阪へ戻り、雑誌『苦楽』の編集に従事した。その後、連合映画をおこして文芸映画を作製したが、失敗を重ねて再度上京、1921年(大正10)『時事新報』に文芸時評を直木三十一の筆名で執筆し、文筆に専念する。当時31歳であった。以後、年を追って三十二、三十三とし、三十四を飛ばして三十五の筆名で定着した。1930年(昭和5)島津藩のお由良(ゆら)騒動を素材とした『南国太平記』を発表して文壇の流行児となった。ほかに『新作仇討全集(しんさくあだうちぜんしゅう)』(1926)、『荒木又右衛門(あらきまたえもん)』(1930)、『楠木正成(くすのきまさしげ)』(1931)、『明暗三世相』(1932)、『源九郎義経(げんくろうよしつね)』(1933)などがある。昭和9年2月24日没。直木の功績は時代小説を知識階級に読まれる内容にまで高めた点にあるといわれ、生前の業績を記念して直木賞が設定された。[磯貝勝太郎]
『『増補昭和国民文学全集5 直木三十五集』(1978・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なおき‐さんじゅうご【直木三十五】

小説家。大阪出身。本名、植村宗一。早稲田大学中退。大正一三年(一九二四)「苦楽」創刊とともに、仇討物を掲載。以後時代小説を主とする大衆作家として活躍した。著「由比根元大殺記」「南国太平記」など。明治二四~昭和九年(一八九一‐一九三四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android