コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中古文学 チュウコブンガク

2件 の用語解説(中古文学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうこ‐ぶんがく【中古文学】

日本文学史において、平安時代に成立した文学。仮名文の使用とそれに伴う国風の貴族文学を中心とする。「もののあわれ」を主潮とする優美な情趣を理念とし、後世の日本人の美意識に大きな影響を与えた。古今和歌集などの和歌文学、伊勢物語源氏物語などの物語文学土佐日記蜻蛉日記などの日記文学、随筆の枕草子や、歴史物語説話文学などが生まれた。平安時代文学。平安文学。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうこぶんがく【中古文学】

平安時代の文学とほぼ同じ。上限は平安遷都、下限は普通、鎌倉開幕または保元・平治の乱とする。「もののあわれ」を中心理念とする。女房階層が中心となったので、宮廷文学・女房文学とも規定される。「古今和歌集」以下の勅撰和歌集や私家集、「竹取物語」以下の物語文学、「土左日記」以下の日記文学などがあり、「枕草子」などの随筆や「今昔物語集」などの説話集も出た。 → 中世文学

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中古文学の関連キーワード色葉字類抄文学史王朝時代王朝文学近世文学中古平安時代文学和文古代文学能/狂言

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中古文学の関連情報