コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中外抄(読み)ちゅうがいしょう

百科事典マイペディアの解説

中外抄【ちゅうがいしょう】

1137年より1154年に至る知足院関白藤原忠実の談話を大外記(だいげき)中原師元が筆録した聞書。2巻。有職故実や人物に関する事柄などを漢字仮名交り文で記す。《古事談》《続古事談》に多く引用され,後代の説話集に大きな影響を与えた。また,忠実の談話を高階仲行が筆録した《富家語(ふけご)》は本書の後を引き継いだ形となっている。
→関連項目言談

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうがいしょう【中外抄】

関白太政大臣藤原忠実の談話を大外記中原師元が筆録したもの。書名は筆録者の姓と官職名より各1字をとって後に付けられたものである。上下2巻より成り,1137年(保延3)より54年(久寿1)の間の有職故実に関することや人物の逸話などを,かな交り文で筆記している。鎌倉時代の説話集《古事談》は本書から多く記事をとっているといわれる。尊経閣文庫に鎌倉時代初期書写の本書の下巻が伝わる。《尊経閣叢刊》《続群書類従》などに収める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android