コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央シベリア高原 ちゅうおうシベリアこうげんSrednesibirskoe ploskogor’e

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうシベリアこうげん【中央シベリア高原 Srednesibirskoe ploskogor’e】

ロシア連邦,シベリア中部の中山性の山地。南は東サヤン山脈,バイカル山脈,西は西シベリア低地とエニセイ川,北と東は北シベリア低地,中央ヤクート丘陵,レナ川で境される。最高点は北西部のプトラン高原の1701m平頂丘だが,通常は頂上が700~1000m程度の従順山系である。鉱産に富み,ニッケル・銅(ノリリスク付近),鉄鉱石(アンガラ・イリム地方),石炭(ツングースカ,チェレンホーボ,カンスク),天然ガス(ニジニャヤ・ツングースカ地方),石墨,岩塩などを産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央シベリア高原
ちゅうおうしべりあこうげん
Среднесибирское Плоскогорье Srednesibirskoe Ploskogor'e 

ロシア連邦のシベリア中央部を占める高原。東部はレナ川、西部はエニセイ川、南部は東サヤン山脈・バイカル山脈・スタノボイ高原、北部はシベリア低地に限られる。平均標高は500~700メートル、面積約150万平方キロメートル。先カンブリア紀の楯状地(たてじょうち)、古生代・中生代の地層からなり、石炭、金、鉄鉱、ニッケルなど地下資源が多い。地表の大部分はタイガ(針葉樹林帯)であるが、北部は山岳ツンドラ(永久凍土帯)をなす。[須長博明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中央シベリア高原の関連キーワードエベンキ(ロシアの地名)アンガラ楯状地プトラナ高原ビリュイ川ロシア連邦シロハラサハ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android