コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風流夢譚事件 ふうりゅうむたんじけん

百科事典マイペディアの解説

風流夢譚事件【ふうりゅうむたんじけん】

嶋中事件とも。《中央公論》1960年12月号に掲載された深沢七郎風流夢譚》について,右翼団体は,この作品は皇室を侮辱するものであるとして抗議,中央公論社に対して圧力を加えた。このなかで1961年2月,元大日本愛国党党員の少年が,中央公論社嶋中社長宅に侵入し,お手伝いさんを刺殺,社長夫人に重傷を負わせた。中央公論社は結局,《風流夢譚》の掲載,またそれを〈端緒として殺傷事件まで惹き起こし,世間をお騒がせしたこと〉を謝罪して,右翼の攻撃を回避した。この殺傷事件は,浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件(1960年10月)とともに,戦後における右翼テロリズムの復活を示すものとされ,また一連の事態は,天皇に関する言論のタブーをジャーナリズムに意識させた。中央公論社は1961年12月,当時同社から発売していた《思想の科学》天皇制特集号の発売を中止,断裁した(《思想の科学》事件)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

風流夢譚事件

深沢七郎の小説「風流夢譚」には、主人公が夢の中で不思議な「革命」に出会い、天皇や皇太子らが民衆によって殺害された場を目撃する場面がある。1960年11月に中央公論(12月号)に掲載されると、右翼の抗議行動が始まり、翌年2月には右翼少年が中央公論社(当時)の社長宅に侵入して家人らを殺傷するテロ事件(嶋中事件)が起きた。同社が「思想の科学」天皇制特集号の発売中止を決め、執筆者らから抗議があがる事態もあった。

(2013-05-14 朝日新聞 夕刊 文化芸能)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふうりゅうむたんじけん【風流夢譚事件】

嶋中事件ともいう。《中央公論》は1960年12月号に深沢七郎の創作《風流夢譚》を掲載したが,この作品は皇室を侮辱したものであるとした右翼団体は中央公論社に対する圧力を強めた。61年2月1日夜,大日本愛国党の元党員の少年が中央公論社嶋中社長宅に侵入し,社長夫人に重傷を負わせ,お手伝いさんを刺殺した。当初,中央公論社は《風流夢譚》掲載について,実名小説の取扱いに配慮を欠いていたことを認め,世間を騒がせたことに遺憾の意を表し,殺傷事件発生後は,この種の暴力に対し,〈社業をとおして言論の自由を守る〉ことを社告によって誓ったが,その直後,この社告を否定し,全面的に謝罪する〈おわび〉を発表して右翼の攻撃を回避した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の風流夢譚事件の言及

【思想の科学】より

…共同研究が積極的に行われ,昭和20年代に《アメリカ思想史》,30年代には《転向》があり,多くの研究者,評論家を育成,《思想の科学》はその機関誌として講談社(1954‐55),中央公論社(1959‐61)と発行所を変えて刊行された。61年2月中央公論社に風流夢譚事件が起こり,これに関連して《思想の科学》は62年1月号に〈天皇制〉を特集,中央公論社は周囲の事情を考慮して発売を中止し,破棄断裁を行った。いわゆる《思想の科学》事件である。…

【中央公論】より

…なかでも広津和郎《松川裁判》の長期連載は特筆すべきものであった。60年12月号の深沢七郎《風流夢譚》が皇室を侮辱するものとして右翼のはげしい攻撃を受け,翌61年2月にテロ事件(風流夢譚事件)に発展して以来,誌面にいささかの変化がみられるようになった。【京谷 秀夫】。…

※「風流夢譚事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android