コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中尾捨吉 なかお すてきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中尾捨吉 なかお-すてきち

1841-1904 明治時代の司法官,弁護士。
天保(てんぽう)12年生まれ。土佐陽明学の奥宮慥斎(おくのみや-ぞうさい)に師事,中江兆民同門だった。判事になり広島控訴院につとめるが,奇矯なふるまいで同僚とあわず弁護士に転じた。明治37年5月14日死去。64歳。土佐(高知県)出身。本姓は西村。号は水哉。著作に「木内宗五郎伝」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中尾捨吉の関連キーワード明治時代司法官天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android