コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山元成 なかやま もとなり

3件 の用語解説(中山元成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山元成 なかやま-もとなり

1818-1892 江戸後期-明治時代の茶業者。
文政元年生まれ。郷里の下総(しもうさ)猿島(さしま)郡辺田村(茨城県岩井市)の茶業復興のため,宇治から教師をまねいて製茶法の改良と普及につくす。安政6年日本ではじめて茶を輸出。明治17年中央茶業組合を設立,幹事となった。明治25年6月死去。75歳。通称は伝右衛門。号は蘭華,朝陽斎,茶顛(ちやてん)。著作に「茶園栽培大意」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中山元成

没年:明治25.6.3(1892)
生年:文政1.10.1(1818.10.30)
幕末明治前期の茶業家。通称伝右衛門,茶顛などと号した。下総国猿島郡辺田村(茨城県岩井市)の豪農。猿島地方では,江戸前期より茶が栽培されていたが,19世紀に入ると茶の価格が低下し,茶畑も荒廃した。元成は猿島茶の復興を決意,先進地宇治の技術を導入し,茶樹の改良に努め,焙炉を造り,製茶法を広めた。嘉永5(1852)年関宿藩が江戸藩邸内に猿島茶売捌会所を設立すると,その任に当たり,猿島茶の販路を関東一円に広げ,安政6(1859)年の開港を期に,茶の輸出に努力した。維新後は粗製乱造の弊害を克服するために,茶業組合やその全国組織の中央茶業本部の結成に努力した。著書に『茶園栽培大意』『製茶略説』などがある。<参考文献>椎名仁他『猿島茶に生きる』

(長谷川伸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山元成
なかやまもとなり
(1818―1892)

茨城県猿島(さしま)製茶業の功労者。通称伝右衛門(でんえもん)、号蘭化(らんか)、茶顛(ちゃてん)。下総(しもうさ)国猿島郡辺田(へた)村(茨城県坂東(ばんどう)市)の豪農の家に生まれる。猿島茶の改良とその普及に努力。1852年(嘉永5)関宿(せきやど)藩が江戸に猿島茶売捌所(うりさばきしょ)を設けるとその責任者となり、横浜開港後は猿島茶の輸出拡大に成功。1869年(明治2)東京府物産局臨時御用係、のち印旛(いんば)県・茨城県の勧業課雇として茶業振興に努力、『茶樹栽培略説』『茶園栽培大意』『製茶大意』の著がある。[秋山高志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山元成の関連キーワード高山麋塒加藤光右衛門石黒伝右衛門伊藤伝右衛門(2)菅野伝右衛門谷伝右衛門辻利右衛門西川伝右衛門南崎常右衛門吉田屋伝右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone