コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山省三郎 なかやま しょうざぶろう

2件 の用語解説(中山省三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山省三郎 なかやま-しょうざぶろう

1904-1947 昭和時代の詩人,ロシア文学者。
明治37年1月28日生まれ。横瀬夜雨(よこせ-やう)の影響をうけ,早大在学中に火野葦平らと詩誌第2次「聖杯」を創刊。卒業後はロシア文学を翻訳,ツルゲーネフの「猟人日記」などの名訳をのこした。昭和22年5月30日死去。44歳。茨城県出身。詩集に「羊城新鈔」「縹緲(ひょうびょう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山省三郎
なかやましょうざぶろう
(1904―1947)

ロシア文学者、詩人。茨城県に生まれる。同郷の詩人・歌人横瀬夜雨(よこせやう)の薫陶を受けて詩歌の創作を始めた。早稲田(わせだ)大学露文科卒業後、プーシキン、ドストエフスキー、ツルゲーネフ、メレジコフスキー、シェストフらの作品の名訳を残す。詩集『羊城新鈔(しょう)』(1940)、『縹緲(ひょうびょう)』(1942)、『豹紋蝶(ひょうもんちょう)』(1944)、随筆集『海珠鈔』(1940)などのほか、チェーホフ、横瀬夜雨、長塚節(ながつかたかし)に関する研究もある。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山省三郎の関連キーワード関根弘秋山清青柳優岩田宏木村好子近藤東島崎曙海滝口武士寺崎浩ぬやま ひろし

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone