コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川五郎治 なかがわごろうじ

3件 の用語解説(中川五郎治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川五郎治
なかがわごろうじ

[生]明和5(1768).陸奥
[没]嘉永1(1848).9.26. 松前
江戸時代後期の医師。日本で初めて種痘を行なった人。松前藩の役人であったが,文化4 (1807) 年エトロフ島でロシア人に捕えられ,オホーツクイルクーツク滞留中に種痘術を学び,『牛痘種法』2冊を持って同9年に帰国した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川五郎治 なかがわ-ごろうじ

1768-1848 江戸時代後期の種痘法導入者。
明和5年生まれ。千島択捉(えとろふ)島の会所番人。文化4年ロシア船に捕らえられ9年帰国。シベリア滞在中に牛痘接種法をまなび,もちかえった種痘書はのち馬場佐十郎が翻訳。文政7年松前(北海道)で種痘を実施した。嘉永(かえい)元年9月27日死去。81歳。陸奥(むつ)北郡(青森県)出身。屋号は小針屋。名は佐七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中川五郎治

没年:嘉永1.9.27(1848.10.23)
生年:明和5(1768)
江戸後期の北方系牛痘種痘法の伝来者。陸奥国川内村(青森県下北郡川内町)生まれ。小針屋佐助の子。本名は佐七。エトロフ島の会所番人であったが,文化4(1807)年ロシア船の同島襲撃で捕らわれ,シベリアへ拉致される。同9年日本へ送還。シベリア滞在中に牛痘種痘術を覚え,ロシア語の種痘書を持ち帰る。文政7(1824)年種痘術を実施。その種痘法は弟子白鳥雄蔵によって京都に紹介されたが,中川の接種は長崎への牛痘苗到着(1849)以前のことであり,医界に大きな衝撃を与えた。ロシア語の種痘書はのちに馬場佐十郎が翻訳(『遁花秘訣』),三河の利光仙庵が『露西亜牛痘全書』として刊行した。<参考文献>松木明知『北海道の医史』,同編『北海道医事文化資料集成』

(松木明知)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中川五郎治の言及

【医学】より

…彼がそれを発表したのは1798年であったが,実効が広く認められたのは19世紀の初頭であった。情報として日本に伝わったのも,19世紀初頭から1820年代にかけてで,一つは長崎のオランダ商館経由で,いま一つは,千島からロシア船に拉致されて,5年間ロシア生活を送って帰って来た漁師中川五郎治によるものである。1820年ころからは長崎で何度か試みられたが成功しなかった。…

※「中川五郎治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中川五郎治の関連キーワード牛痘種痘所景山大徹高橋春圃長与俊達楢林栄建牛痘種痘法牛痘法種痘法人痘種痘法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone