馬場佐十郎(読み)ばばさじゅうろう

日本大百科全書(ニッポニカ)「馬場佐十郎」の解説

馬場佐十郎
ばばさじゅうろう
(1787―1822)

江戸後期の洋学者長崎の生まれ。本姓は三栖谷(みくりや)、オランダ通詞の長兄馬場為八郎(1769―1838)に養われ、その養嗣子(しし)となった。幼名を千之助、のちに貞由(さだよし)と改め、佐十郎は通称。字(あざな)は職夫、轂里(こくり)と号し、名(らんめい)としてはAbrahamを用いた。オランダ通詞としてオランダ語の教育を受け、さらに志筑忠雄(しづきただお)師事し、また商館長ドゥーフHendrik Doeff(1777―1835)らからは蘭・・英の3か国語を学んだ。1808年(文化5)天文方に蕃書和解御用(ばんしょわげごよう)の局が設けられると、大槻玄沢(おおつきげんたく)とともに訳員として出仕を命ぜられ、フランスのショメルNoël Chomel(1633―1712)の百科全書『厚生新編』の翻訳等に中心的人物として活躍した。大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)についてロシア語を学び、さらに1813年、松前(まつまえ)に抑留中のロシア船船長ゴロウニンについて、足立信頭(あだちしんとう)(左内(さない))とともにロシア語を学び、ゴロウニンの口述から『魯語(ろご)文法規範』をつくった。ロシア語から種痘に関する書『遁花秘訣(とんかひけつ)』、またゴロウニンの抑留日記を『遭厄日本紀事(そうやくにほんきじ)』として翻訳している。このほか、1818年(文政1)と1822年には浦賀に出張し、イギリス船との応接にあたった。死後出版された『泰西(たいせい)七金訳説』(1854刊)などもある。墓は宗延寺(東京都杉並区)にあり、墓碑銘は高橋景保(かげやす)の撰(せん)文である。

[菊池俊彦]

『杉本つとむ著『江戸時代蘭語学の成立とその展開』全5巻(1976~1982・早稲田大学出版部)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「馬場佐十郎」の解説

馬場佐十郎
ばばさじゅうろう

[生]天明7(1787).長崎
[]文政5(1822).7.27. 江戸
江戸時代後期の蘭学者。オランダ通詞 (つうじ) 。名は貞由。字は職夫。号は轂里。志筑忠雄にオランダ語を学び,文化5 (1808) 年幕府天文方に出仕してオランダ語を教え,のち蛮書和解御用の一員として『厚生新編』の翻訳に従った。 V.ゴロウニン抑留中も通詞として北海道におもむき,『遭厄日本記事』『俄羅斯 (おろしゃ) 小成』をわした。ほかに『西洋度量考』『和蘭辞類訳名抄』『西説雑記』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「馬場佐十郎」の解説

馬場佐十郎【ばばさじゅうろう】

江戸時代の蘭学者。名は貞由(さだよし)。号は轂里。長崎のオランダ通詞で中野柳圃志筑忠雄)の門人ドゥーフからオランダ語・仏語,ブロンホフから英語,ゴロブニンからロシア語を学ぶ。1808年幕府天文方で《万国全図》の校訂に当たり,のち《厚生新編訳述事業の中心となった。日本最初の露和辞典《俄羅斯(オロシャ)語小成》を編集。35歳で死んだが語学天才で,《蘭学梯航》など著書多数。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「馬場佐十郎」の解説

馬場佐十郎 ばば-さじゅうろう

1787-1822 江戸時代後期のオランダ通詞,蘭学者。
天明7年生まれ。蘭,仏,露の各国語に精通。幕府のもとで「厚生新編」の訳述に従事。日本最初の露和辞典「俄羅斯(オロシヤ)語小成」をあらわした。文政5年7月27日死去。36歳。肥前長崎出身。本姓は三栖谷(みくりや)。名は貞由(さだよし)。字(あざな)は職夫(しょくふ)。号は轂里(こくり)。著作に「蘭語冠履辞考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「馬場佐十郎」の解説

ばば‐さじゅうろう【馬場佐十郎】

江戸後期の蘭学者。オランダ通詞。肥前国(長崎県)の人。本名貞由、号は轂里。幕府の「万国全図」の補訂参与。ついで、ショメール百科全書の翻訳「厚生新編」、日本最初のロシア語辞書「俄羅斯語小成」を編纂。天明七~文政五年(一七八七‐一八二二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「馬場佐十郎」の解説

ばば‐さじゅうろう〔‐サジフラウ〕【馬場佐十郎】

[1787~1822]江戸後期の洋学者。長崎の人。号、轂里こくり。名は貞由。志筑忠雄に師事。幕府天文方の蕃書和解御用ばんしょわげごように出仕し、翻訳などに活躍。著「俄羅斯語おろしやご小成」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「馬場佐十郎」の解説

ばばさじゅうろう【馬場佐十郎】

1787‐1822(天明7‐文政5)
江戸後期のオランダ通詞,蘭学者。名は貞由(さだよし),佐十郎は通称。伯兄為八郎の養子となり,通詞となる。志筑忠雄に師事。オランダ商館長ドゥーフからオランダ語,フランス語を,ブロムホフから英語を,ゴロブニンからロシア語を学んだ。1808年(文化5)幕府の天文台に仕え《万国全図》の補訂に従事,11年蕃書和解御用において《厚生新編》訳述事業に従事,異国船の応接・調査にも当たる。著書に蘭文法書《西文規範》《蘭学梯航》等がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の馬場佐十郎の言及

【ゴロブニン】より

…ディアナ号の副艦長リコルドや彼が人質とした箱館の商人高田屋嘉兵衛の尽力もあって,13年に釈放される。この間,足立左内,馬場佐十郎,間宮林蔵らにロシア語やロシアの国情を伝え,帰国後は,日本人のもとでの抑留生活の詳細な記録と卓抜な観察からなる《日本幽囚記》(1816)を著す。この本は短期間に各国語に翻訳され,ヨーロッパの日本認識に貢献した。…

【デルジャービン】より

…古典主義の荘重さと軽妙な風刺の要素を結合させた独特の華麗なスタイルが確立するのは,《メシチェルスキー公の死をいたみて》(1779)や上述の《フェリーツァによせて》,《神》(1784),《イズマイル占領によせて》(1791),《高官》(1794)などの頌詩においてである。上記の最後の三つの作品は文化年間(1804‐18)に海軍士官ゴロブニンによって日本に紹介され,馬場佐十郎によって部分的にではあるが漢詩風に翻訳された。1790年代以後は抒情的な作品が多くなり,《アナクレオン風歌謡集》(1804)に収められた作品には,古代ギリシアの詩人への深い傾倒がみられる。…

【フランス】より

…1787年(天明7)にはショメル神父Noël Chomel(1633‐1712)の《百科辞典Dictionnaire universel》のオランダ語版が,オランダ商館長ティチングから楢林重兵衛に贈られた。1811年(文化8)から高橋作左衛門景保,馬場佐十郎,大槻玄沢らがこれを訳しはじめ,39年(天保10)までに主要部分を《厚生新編》69巻として刊行した。高橋作左衛門景保の父至時(よしとき)はJ.ラランドの天文学書を1787年にオランダ訳から訳している。…

【洋学】より

…その種のものでは前野良沢が公命により訳出した《柬砂葛記(カムサスカき)》(1789成立)をはじめ,ロシア使節ラクスマンが渡来したさい桂川甫周が訳出した《魯西亜志(ロシアし)》(1793成立)があり,またロシアとの関係が悪化した文化年間(1804‐18)には山村昌永が《魯西亜国志》《魯西亜国世紀》(ともに1806成立)などを訳出している。さらに1808年(文化5)には世界地図編纂のために通詞馬場佐十郎が天文方高橋景保の下に招致され,幕命によりロシア関係の地理書や史書を翻訳している。このようにして幕府と蘭学者の間に共生関係が生まれた結果,11年には,暦局の付属機関として蘭書翻訳の部局が設けられ,前記馬場のほか江戸の蘭学者が動員されて,翻訳業務にたずさわることになる。…

※「馬場佐十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android