中札内[村](読み)なかさつない

世界大百科事典 第2版の解説

なかさつない【中札内[村]】

北海道南東部,十勝支庁河西(かさい)郡の村。人口4319(1995)。十勝川支流の札内川中・上流域を占め,西部には札内岳(1896m)をはじめ,日高山脈の山々がそびえる。国道236号線が通じる。1897年から開拓が始まり,1929年の広尾線開通(現在は廃線)後,急速に人口も増加した。札内川中流沿いには肥沃な平地が広がり,十勝平野の畑作地帯の一角をなす。農業の法人化を早くからとり入れ,農業生産の団地化など協業経営が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android