コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十勝平野 とかちへいや

7件 の用語解説(十勝平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十勝平野
とかちへいや

北海道南東部,十勝川本支流の流域を占める太平洋岸の平野。面積 3600km2。東は白糠丘陵,北は石狩山地,西は日高山脈に接し,南は太平洋にのぞむ。平野は標高 100~200mの火山灰土でおおわれた広い洪積台地と,河川沿いの狭小な沖積地から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とかち‐へいや【十勝平野】

北海道南東部、十勝川流域に広がる平野。畑作地帯で、豆類やジャガイモの産出が多く、酪農も盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十勝平野【とかちへいや】

北海道南東部,十勝川流域の平野。面積約3600km2で,洪積台地と沖積平野からなる。麦,ジャガイモ,豆類,テンサイを栽培,牧草地も多い。土壌浸食を防ぐカラマツの防風林がある。
→関連項目音更[町]狩勝峠士幌[町]清水[町]大樹[町]十勝川[温泉]北海道芽室[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とかちへいや【十勝平野】

北海道東部,十勝地方の中心をなす平野。東西約60km,南北約100kmに及び,面積は約3600km2で,北海道では石狩平野に次ぐ。西は日高山脈と十勝火山群,北は石狩山地,東は白糠丘陵によって限られた盆地状の平野で,早くから開発の進んだ石狩平野と隔てられていたため開発は遅れた。平野の中心は帯広市である。平野は主として砂礫(されき)からなり,十勝火山群の火山灰におおわれた洪積台地と,これを刻む十勝川や支流の音更(おとふけ)川,札内(さつない)川の沖積平野分かれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とかちへいや【十勝平野】

北海道南東部、十勝川の中下流に広がる洪積台地の平野。大部分が火山灰土に覆われた畑地。中心都市は帯広。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕十勝平野(とかちへいや)


北海道南東部、十勝川中・下流域に広がる平野。火山灰におおわれた洪積(ちゅうせき)台地と、十勝川本・支流の沖積(ちゅうせき)地からなる。広さは道内では石狩(いしかり)平野に次ぐ。中心は帯広(おびひろ)市。北は石狩山地、東は白糠(しらぬか)丘陵、西は日高(ひだか)山脈に囲まれ、盆地状をなす。北海道第1の畑作地帯で、ジャガイモ・マメ類・テンサイトウモロコシ栽培と酪農・畜産業が盛ん。方形に区画された耕作地と防風林、大規模経営に特色がある。製糖など農産物加工業が発達。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十勝平野
とかちへいや

北海道中南部、十勝川流域に展開する平野。面積約3600平方キロメートル。広さでは石狩(いしかり)平野に次ぐ。周囲を日高山脈、石狩・然別(しかりべつ)・阿寒(あかん)の火山群および白糠(しらぬか)・十勝の両丘陵に囲まれた盆地状の平野で、十勝川とその支流の形成した沖積地部分、および火山灰に覆われた洪積台地からなる。1月の平均気温は零下9℃にもなり、凍上現象が珍しくない。北海道を代表する畑作地帯で、第二次世界大戦前は、豆類、雑穀、アマを産したが、戦後は豆類、ジャガイモ、ビート(テンサイ)を産し、酪農が大幅に伸びた。農家一戸当りの経営面積は20ヘクタールと全道平均の2倍で、道内ではもっとも機械化農業が進んでいる。平野のほぼ中心に位置する帯広(おびひろ)市がこの地域の中核都市である。[進藤賢一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十勝平野の言及

【北海道】より

…道庁開設は拓殖史上の画期となり,当初,太平洋沿岸部と石狩平野南西部にとどまっていた入植地は,石狩平野北部から上川盆地に至る内陸部へ広がった。さらにここから北見,網走に至る上川・北見道路の完成など基幹交通路の開発が進行し,明治末までには根室本線ほか鉄道網が伸長して十勝平野などの開拓を促進した。一方,このような開拓の前進に伴って先住民族であるアイヌの人たちは生活圏と独自の文化を破壊された。…

※「十勝平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十勝平野の関連キーワード出町十勝川釧路正殿道東十勝信をなす十勝利別川北海道十勝郡浦幌町十勝北海道十勝郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十勝平野の関連情報