コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村のしほ(2代) なかむら のしお

1件 の用語解説(中村のしほ(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村のしほ(2代) なかむら-のしお

1759-1800 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦9年生まれ。2代生島十四郎の門弟で,初代中村富十郎の養子となり,安永8年2代のしほを襲名。京坂で活躍し,寛政6年江戸都座にでて若女方として人気をえた。時代物世話物をかね,傾城(けいせい)役,武道事を得意とした。寛政12年3月20日死去。42歳。初名は生島金蔵。俳名は蘭耕。屋号は天王寺屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村のしほ(2代)の関連キーワードインド哲学ナポリ王国伊藤若冲平山子竜森田勘弥定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone