コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村久子 なかむら ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村久子 なかむら-ひさこ

1897-1968 昭和時代の社会活動家。
明治30年11月25日生まれ。おさないとき脱疽(だつそ)にかかり両手足を切断。成人して見世物芸人となる。昭和12年来日したヘレン=ケラーと会見。その後20年余にわたり全国各地で講演,「光るだるまさん」とたたえられた。昭和43年3月19日死去。70歳。岐阜県出身。著作に「宿命に勝つ」「無形の手と足」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村久子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android