コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村苑子 なかむら そのこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村苑子 なかむら-そのこ

1913-2001 昭和後期-平成時代の俳人。
大正2年3月25日生まれ。高柳重信の妻。昭和24年「春灯」に入会,久保田万太郎に師事。33年高柳らと「俳句評論」を創刊。三橋鷹女(みつはし-たかじょ)に傾倒し,老いや死をテーマに女性の情念をうたう。50年第1句集「水妖詞館」を刊行し,同年現代俳句協会賞。平成6年「吟遊」で詩歌文学館賞,蛇笏(だこつ)賞。平成13年1月5日死去。87歳。静岡県出身。日本女子大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村苑子の関連キーワード中村 苑子俳人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android