コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高柳重信 たかやなぎ しげのぶ

2件 の用語解説(高柳重信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高柳重信 たかやなぎ-しげのぶ

1923-1983 昭和時代の俳人。
大正12年1月9日生まれ。父高柳黄卯木(こううぼく)にまなび「春蘭」などに投句。戦後富沢赤黄男(かきお)に師事して「太陽系」などに参加し,多行表記の俳句形式を開拓。昭和33年「俳句評論」を創刊し,のち「俳句研究」の編集に従事した。昭和58年7月8日死去。60歳。東京出身。早大卒。句集に「蕗子」「伯爵領」など。
【格言など】まなこ荒れ/たちまち/朝の/終りかな(「高柳重信全句集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高柳重信
たかやなぎしげのぶ
(1923―1983)

俳人。東京生まれ。1936年(昭和11)より父黄卯木に就いて句作し、『春蘭(しゅんらん)』『縷紅(るこう)』『不易』などに投句、早稲田(わせだ)大学入学後『早稲田俳句』『群』などに加わる。このころより新興俳句に転じ『琥珀(こはく)』に参加して、第二次世界大戦後富沢赤黄男(かきお)に師事、『太陽系』『七面鳥』『薔薇(ばら)』に参加、三行、四行書きの多行表記の独自の俳句形式を開拓した。58年(昭和33)より『俳句評論』の編集を担当するほか、67年以降総合俳誌『俳句研究』の編集に従った。句集『蕗子(ふきこ)』(1950)、『伯爵領(はくしゃくりょう)』(1952)、『黒彌撒(くろみさ)』(1956)などがある。[村山古郷]
 北風や此処(ここ)まで来るとみな背(そむ)
『『高柳重信全句集』(1972・母岩社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高柳重信の関連キーワード皆吉爽雨室積徂春相羽仙夫石田あき子遠藤はつ岡田日郎沢田はぎ女浜中調布富士崎放江室積波那女

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高柳重信の関連情報